出会い厨 Humabuilt » 出来事 » ある男性の清純派女の子との援助交際体験談

2月 7

ある男性の清純派女の子との援助交際体験談

アイドルの処女説なんて信じたくなるほど、男性は処女である事に重きをおきますよね。
もちろん本当に処女であるかどうかが重要なのではなく、処女そうに見える清純派である事が重要なポイントなのです。

本当のことを言うとエッチな女性も男性は大歓迎なわけですが、一番好きなのは昼間は清純派なのに、夜にベッドでは豹変してエッチな女性になるというケースでしょう。
これはある男性の援助交際の体験談なのですが、出会い系サイトで知り合った相手と会う事になり、最初に会った時の印象は本当にこの子セックス出来るの?と思うぐらい清純そうに見えたそうです。

しかし、ホテルに入ると女性は豹変し、自分から積極的にセックスを求めてきました。
フェラも上手で騎乗位で大胆に腰を使い、セックス慣れしていると自分の身体で男性は実感したそうです。

もちろん気持ちが良かったので文句は言えませんが、ただ若い女性でここまでセックス慣れするには相当数をこなしているんだろう。病気とか妊娠に対するリスクとか大丈夫なんだろうか?と考えると生でするのは怖いとコンドームを使ってセックスをしたそうです。
男性の中には生でした方が気持ちがいいと、コンドームを使わない人もいますが、遊ぶ時のエチケットとして、そして同時に自分の身を守る手段としてもコンドームは使う習慣をつけましょう。

清純派に見える女性が本当に清純とは限りません。むしろ清純そうにみせかけて男を誘う強かさを持っているのかもしれませんよ。